会社案内

発展の歴史

中硅・ソナ(アモイ)新エネルギー有限会社は太陽電池、太陽電池モジュールの開発、製造、販売及び太陽光発電所の建設等を手掛けるハイテク民営企業です。ソナは2010年5月27日に国家レベルのアモイトーチハイテク産業開発区に成立されました。

会社は現在世界でも最先端の自動化設備等を有し、豊富なソーラー関連の経験を持ち技術、管理、営業の有能な人材を保有しています。更に世界最大の結晶シリコン太陽電池設備サプライヤー及び知名度が有るソーラー技術研究機関と連携して、最新の太陽電池製造工程を使い、有効にコントロールされている原材料、副資材の仕入れ、科学的な生産管理と厳密の品質管理体系により、高効率、高安定性、低コストのソーラー商品の製造を実現し、国内、国際の太陽光発電市場の需要を満たすようにしています。

ソナはドイツのCentrotherm、中国科学院電工所等とパートナーシップを結成しています。また、アモイには特有の自然、地理、区域優勢を有します。更に、ソナは保有の人材育成体系と高額資金の導入などを有し、中国の東南部のソーラー技術研究開発中心になることが期待されます。

2015年から、ソナは5年を4期に分け、最終的には年産1.1GWソーラー垂直一体化商品の能力を身に付け、「海峡西岸経済区」内最大の新エネルギー生産基地の一つになることを目指しています。

ソナの第一期プロジェクト-年産80MWの太陽電池生産ラインと年産300MWの太陽電池モジュール生産ラインはもう既に稼働して、量産されています。2016年末まで、第二期プロジェクトが建成されれば、ソナは太陽電池セル年産300MW生産ラインと太陽電池モジュール年産600MW生産ラインを有します。

ホームページ お問合せ